インスリンの分泌増やして働きをよくするために必要な「腸内環境」の改善

高血糖を改善するための働きかけの中で、現在の主流となっているコンセプトのが
”そのそもの血糖値の上昇を防ぐ”というものであり、血糖値を下げる必要性を減らし
「インスリン」の負担を減らすことで、予防にもつなげることを目的としています。

そして、そのための効果的な成分として

  • サラシア
  • イヌリン
  • 難消化性デキストリン

といったものが挙げられ、これらは「脂肪分解(ダイエット)」にも効果的であり
脂肪の量が減ることによって、更にインスリンの働きを向上させることになります。

相乗効果によって、一気に糖尿病のリスクを減らすことができるのです。

このように、根本的な血糖値への働きかけとは
インスリンを守る・健康に保つことであると言えます。

そして同時に、このインスリンの働きを助けることもまた
血糖値の上昇を抑えると同じく、根本的なアプローチであると言え
いずれにしても、インスリンをとりまく環境こそが血糖値正常化の鍵になります。

そもそもインスリンとは、「内分泌ホルモン」の一種であり
血糖値を下げることのできる、唯一の存在であることから
糖尿病の治療・改善の過程において、注目されていますが
その状況を改善するためには、「ホルモン環境」の改善が必要なのです。

内分泌ホルモンをコントロールする大腸

インスリンは、「膵臓」にある「ランゲルハンス島」と呼ばれる部分でのみ
生成されることは、広く知られていることでもありますが
体内にはインスリン以外にも、数え切れないほどのホルモンが存在します。

そして、そのホルモンを実際に”働かせる”ための<指示>を与え
コントロールをしているのが「大腸」であり、インスリンに関しても例外ではありません。

そのため高血糖に限らず、内分泌ホルモンが影響している疾患への
最も効果的なな改善策と考えられるものが、この大腸へのアプローチなのです。

腸内環境を整える

大腸への働きかけとは、それほど難しいことではなく
まず最初に取り組むべきことは、<腸内環境の改善>になります。

これは”便秘の解消”といった最低限のことから、”善玉菌を増やす”ことまで様々です。

大腸(司令塔)が健康であることで、正常な指示を出すことができ
また代謝の活性化によって生成されるインスリンも、元気なものとなります。

またその1つ1つ(数え切れないほどであるが)の量・質に関しても
腸内環境が健全であればるほどに、高いものになります。

そのため、糖尿病サプリに関しても「食物繊維」や「乳酸菌」といった
腸内環境にアプローチするアイテムを含んでいるものが増えてきています。


”代謝の全てに関わる器官”と考えるべき

腸内環境というのは、”代謝の終わり(排便)”ではなく
”最初から最後まで”に代謝機能に影響を与える、非常に重要な器官です。

”たかが便秘”が、高血糖の状態を招くきっかけとなっている可能性があり
また便秘解消だけでも、大きな効果を見込めることも珍しくありません。

日常的にできる”最も手軽且つ最も大きな働きかけ”と言えるものでもあり
まず最初に働きかけるべき、最も効率的な改善策でもあります。

「紅菊芋パウダー」に含まれるイヌリンは、腸内環境の改善にも効果的であり
またその他の配合成分にも、便秘解消に効果的なものが豊富に含まれています。

大腸から血糖値に働きかけるためにも、「紅菊芋パウダー」はぜひおすすめです。