血糖値を直接的に下げるサプリは存在しないからこそ少しでも有効な対策を早く始める

当サイトをはじめとして、健康アイテムを紹介しているメディアは様々なものが存在します。

また糖尿病サプリと呼ばれるものにも、様々な種類があります。

しかしながら”サプリ”というアイテム、それに配合されている成分によって
血糖値を<直接的に下げる>というものは存在しません。

血糖値を直接的に下げる働きを持つ成分は、「インスリン」だけであり
医師の診断・処方がなければ、利用することができないものでもあります。

ただし、高くなってしまった血糖値をインスリンの処方が必要になるまで
放置しておくことは適切とは言えず、そうなってしまう前にサプリをはじめとした
アイテムを利用しながら、「食事制限」といった基礎的な対処を始めることが大切です。

”結果的に”メリットとなる成分を意識する

「お腹の調子が悪い」という時に、ヨーグルトといった乳酸菌飲料を摂取するように
「結果的に、快方に向かうためのアプローチ」というのは無限に考えることができます。

「乳酸菌」は、腸内環境の改善につながりますが
「腹痛を治す」ということは、断言できないものす。

ただし腸内環境の改善は、最終的に腹痛の解消を伴うものになります。

それと同じように、血糖値の状態が正常ではない時には

  • 血糖値の上昇リスクを少しでも減らすために食事を制限する
  • 肝臓の状態を改善する(インスリンの分泌・機能を改善する)
  • インスリンの分泌活性化するために運動をする
  • インスリンの働きが活発になるような成分を摂取する

といった、考え得る様々なアプローチに取り組むべきと言えます。

そもそも、糖尿病と診断されてしまうような状態というのは
この時点で「インスリンの投与さえもサポートに過ぎない」という状況であり
「そうなる前に」何らかの働きかけを行うことが必要なのです。

「医薬品」としての、インスリンの投与・直接的な作用以上に
それら以外の働きかけによる、事前の対処の方が重要度が高いと言えます。

<血糖値の上昇>を抑制してインスリンを守る

糖尿病を予防の観点から考えた際には、そもそもの血糖値の上昇を抑えることで
インスリンの過剰摂取を抑制し、インスリンを壊さない”ことです。

インスリンの分泌・機能に以上をきたすことが、糖尿病を招く決定的な要因となります。

最も根本的な対策として、インスリンを守ることは意識する必要があります。

日常的な働きかけとしては、ある程度の食事制限は前提として

  • エネルギー(特にブドウ糖・炭水化物)の少ないものから食べ始める
  • 「イヌリン」や「難消化性デキストリン」を配合したサプリを利用する

以上が考えられ、サプリを利用するのであれば
当サイトでは、「紅菊芋パウダー」をおすすめしています。


少しでも早く少しでも有効な対策を始める

繰り返しになりますが、以上のアイテムを利用したからと言って
「高い血糖値がすぐに下がる」ということはありません。

しかしながら、医師に処方されたインスリンを利用したとしても
”その段階”になっている時点で、劇的な改善はかなり難しいことが現実です。

全身の血液を入れ替える医療処置である、「人口透析」
その患者の半数以上が、糖尿病患者であると言われています。

人工透析とは、腎臓の機能が(ほぼ)停止した、まさに「最終段階」と言える状態です。

いかに、「糖尿病になってしまった後」に改善することが難しいかが分かります。

だからこそ、医師にインスリンを処方されるような事態になる前に
少しでもメリットのある対処を、日常生活の中に取り入れ継続することが大切なのです。