高くなってしまった血糖値を下げるために役立つ成分

高血糖患者の、治療における食事制限に関しては
基本的に量や栄養素を制限すること、少なくすることが通常であり
”沢山摂ったほうがよい”と推奨される栄養素は、少ない傾向があります。

しかし一部の栄養素に関しては、不足することが逆にマイナスになるため
血糖値を下げる・コントロールすることができるようにするために
食事によって、積極的に摂取することが推奨されます。

血糖値をコントロールしやすくなる「ビオチン」

「ビオチン」とは、聞きなれない名前だと思いますが
ビタミンB群の中の1つ、ビタミンB7のことであり
栄養素の代謝に大きく関わっている成分です。

そもそもビタミンB群はあらゆる栄養素の代謝に関わっており
炭水化物、ブドウ糖、たんぱく質などを効率的に分解・代謝し
体を動かすエネルギーに使ったり、体を構築する細胞組織に使ったりと
栄養素が最終的に使われるためになくてはならないものです。

ブドウ糖の代謝になくてはならない

数あるビタミンB群の中でも、ビオチンは特にブドウ糖の代謝に関係しています。

糖尿病患者は、ビオチンの血中濃度が低いことから
ビオチンの欠乏によって、高血糖を招きやすいことははっきりしています。

ビオチン(ビタミンB7)を含む食材・・・

レバー、卵、大豆食品、ナッツ類

食事が取れるうちに予防として摂取しておく

食事制限が始まってしまうと、上記したビオチンを豊富に含む食材の摂取も難しくなります。

ビオチン”だけ”を摂取したくても、”余計な”栄養素も含まれていることは避けられません。

いずれにしても、高血糖が進行すると摂取しづらくなるため
予防の観点からも、食事に制限がかかる前に摂取しておきたい栄養素です。

インスリンにとってなくてはならない「亜鉛」

「亜鉛」が、血糖値を下げる・正常に近づける働きを持つことは
最近では、広く知られていることでもあります。

というのも、

「ビタミン」や「ミネラル」といった「基礎栄養素」が、
他の栄養素、特にブドウ糖の代謝にとって重要であることが
昨今の「健康ブーム」によって、常識となってきています。

そしてその中でも、亜鉛の働きは特に注目されているものでもあります。

「血糖値を正常値に下げる」とは言っても、
直接的に、血糖値の値を現象させる働きがあるわけではなく
「インスリン」の働きを助けることで、血糖値に影響を与えます。

というよりも、

インスリンの生成にとって、亜鉛はなくてはならない成分なのです。

インスリン自体を作る成分でもある亜鉛は、その他にも非常に幅広い働きを担います。

そもそも亜鉛が持つ大きな役割として、細胞を健康正常に保つことが挙げられます。

そして、インスリン生成・分泌するのも細胞であり
「ホルモンを作る命令」を出すのもまた、専用の細胞の仕事なのです。

「取ればいい」のではない

幅広い役割を持っている亜鉛は、糖尿病患者にとって不足しやすい栄養素になります。

高血糖の傾向のある人というのは、尿中の亜鉛の濃度が濃く
つまりは、尿によって亜鉛を排出してしまっているのです。

そのため「不足」ではなく、「吸収できない」ことが原因であると考えられます。

亜鉛は、

  • インスリンをサポートする
  • インスリンの生成・代謝に必要

といったことだけでなく、”インスリンを壊さない”といった
非常に専門的な、複雑な働きを持っている栄養素でもあります。

全てを理解すことは難しく、日々研究が重ねられ
その関係は深いと考えられていますが、確証には至らないといったことも事実です。

そのため「どうして?」というよりも、「亜鉛不足は糖尿病のリスクを高める」と考え
とにかく、不足しないような食生活を心がけることを優先しましょう。

亜鉛が持つ役割・働きは、血糖値・インスリンといった
糖尿病に関わる要素だけでなく、あらゆる体の機能に影響を与えます。

様々な種類が存在する「ミネラル」の中でも、特別な使命を担っていることは確かであり
「細胞」といった小さなものへ、大きな影響を与える成分なのです。

様々な血液の症状に効果のある有効な「サポニン」

「サポニン」は、ややマイナーな印象のある栄養素ですが
「血液」と「血管」に関わるトラブルの対策・改善に効果を見込める
「生活習慣病」の全般にメリットのある成分になります。

サポニンに期待できる働きとしては、血糖値を下げるというよりも
”血液を正常に保つ”という表現が近いものになります。

インスリンに似た働きを持ち、血糖値の抑制等はもちろん
「血糖値」だけに働きかけるのではなく、
「中性脂肪」「コレステロール」これらの「血液を汚す」成分が
増える働きを抑制し、排出を促す働きがあります。

血液を綺麗にするために働きかけてくれる、数少ない貴重な栄養素になります。

いわゆる、「サラサラ成分」とも言えます。

「サポニン」を含む食材

サポニンを豊富に含む食材と言えば、「高麗人参」が知られていますが
日常的に摂取することが、なかなか難しい成分です。

そのため日常的に、食事によって摂取したものですが
サポニンを含む食材自体が、少ない現実があります。

また含まれる食材によって、やや違ったものになります。

  • 大豆に含まれる「大豆サポニン」
  • ゴボウに含まれる「ゴボウサポニン」

しかしながら、やはり高麗人参に含まれるサポニンは
非常に高品質であり、ぜひ取り入れたいものでもあります。

そのため、積極的にサポニン(高麗人参)を
摂取していきたいでのであれば「サプリ」の利用をすすめします。

サポニンは「抗酸化作用」を持つ栄養素としても知られます。

体内で発生する「活性酸素」を抑制・解消することで
細胞が劣化するのを防ぐ「アンチエイジング」効果を期待できます。

また「免疫力」を高める等「滋養強壮」成分でもあり
健康が気になるようになったら、まず意識していきたい
実は「基本」となる栄養素でもあるのです。

糖のコントロールが得意な「サラシア」

「サラシア」は、糖尿病対策だけでなく
肥満、高血といった「成人病」に効果のある成分として
長く利用されてきた、比較的広く知られている成分になります。

それは「血糖値」に限定することなく
血液の様々な要素を正常化する働きを持っているためであり
サポニンに近いものであるとも考えられます。

ただし、サポニンと違う点としては、サポニンのように「栄養素」ではなく
そのまま”サラシア”と呼ばれる植物を指します。

もともとは、南アジア原産であはありますが、「薬」として利用されてきた
古い歴史を持っており、現代でも非常に有効な成分であると言えます。

「サプリ」での摂取が一般的

現在では、サラシアを「そのまま」や「漢方」として
摂取している人は少なく、「サプリ」として摂取することが一般的です。

「青汁」等と同じく、中高年の定番のアイテムの多くに含まれており
利用者が多いことも、安心して利用出来ることにつながります。

サラシアは、血液全体に働きかけることが出来る成分ではありますが
特に「ブドウ糖のコントロール」に関して、優れた能力を持ちます。

それは他の有効成分の「いいとこどり」とも言えるものであり
迷ったら、このサラシアが含まれているサプリをおすすめしますが
「紅菊芋パウダー」に含まれる「イヌリン」も近い働きを持ちます。

ブドウ糖への働きかけは、血糖値対策だけでなく
”効率的なダイエット”にとっても、有効な過程になります。

結果的に、「血中脂肪」の減少にもつながるため
サラシアが「トータルケア成分」と呼ばれる理由でもあります。

大腸を整える乳酸菌

近年、「乳酸菌」が持つ血糖値を下げる働きが注目されており
様々なものに応用・活用することが考えられています。

高血糖患者は、インスリンを分泌・機能させることができず
それによって、効率よくブドウ糖を吸収・代謝することができなくなっています。

その根本的な改善のためには、”インスリンを正常に分泌させる”ということが必要であり
そのきっかけには、腸の働きも大きく関係しているということが分かっています。

腸内でブドウ糖がしかっりと吸収されることで、インスリンを分泌するきっかけになります。

そのためには、腸内環境を改善させておくことが必要なのです。

腸内環境はエネルギーの代謝の要

なぜ腸内環境が大切なのかと言うと、高血糖・糖尿病にまで至る仕組みというのは
しっかりとブドウ糖の吸収・代謝ができていないことが原因であるためです。

体の各細胞にブドウ糖を供給することができず
結果的に血液の中に流れ出し、血糖値が高くなっているのです。

どんな栄養素であっても大腸で吸収され、ブドウ糖も例外ではありません。

しっかりと吸収することによって、インスリンを作るための指令を
腎臓に送ることができるため、十分に吸収できなくなってしまうと
インスリンを分泌することが出来なくなってしまいます。

そして、少しでも大腸での吸収をスムーズにするためには
腸内環境を正常化することが欠かせません。

>>アトケアクリームの口コミ