「糖尿病」と「高血圧」と「動脈硬化」は互いに関係している

糖尿病患者には、高血圧の人が多いことと
高血圧の人には、血糖値が高い人が多いことは
互いの症状から波及する影響が、いかに多いものか分かります。

どちらかというと、

血糖値が高い人が血圧も高くなる傾向があり、
健康な人に比べて、糖尿病患者が高血圧である割合は
2倍にもなるといういうデータもあります。

血糖値が高いことによって、血圧も高くしてしまう
その一番の原因として、血管と血液(体液全般)の状態への悪影響が考えられます。

特に「浸透圧」の調整によって、体の細胞を正常に保つための働きが
活発になりすぎることが大きな原因になります。

血液・血管が汚れた結果の高血圧

糖尿病患者は、血液中のブドウ糖の量が多く
そのため、浸透圧などの細胞の状態を保つための
各要素がバランスを保とうとして、水分量や血液量を増加させることになり
結果的に心臓に大きな負担をかけることになります。

また、血液がドロドロであることだけでも
血液を流すための血圧が高くなるのは自然な症状です。

この血液(体液)の濃度と、細胞の浸透圧は互いにバランスをとる働きがあるため
バランスが乱れている糖尿病患者の場合は、この動きが非常に活発になります。

また、活発なインスリンの分泌は、「ナトリウム濃度」を上昇させます。

糖尿病になる前の、インスリンの分泌異常を起す前の段階では
高血圧のリスクも上昇することを忘れてはいけません。

糖尿病患者は肥満体である割合が高く、心臓への負担はもとより
血管の状態や、あらゆる臓器の状態が悪化していることが多いです。

”肥満体である”ということは、あらゆる疾病のリスクを上げることにつながり
高血糖・高血圧はその症状の一部であり当然の症状とも考えられます。

高血圧は、ある意味糖尿病の合併症とも考えることができます。

必然としての動脈硬化

また、高血糖の状態が「動脈硬化」のリスクを上昇させることは
高血糖が高血圧を招く仕組みと、非常に似ています。

というよりも、

その仕組みそのものの過程で、動脈硬化は招かれることになります。

また、高血圧は動脈硬化のリスク要因でもあり
更に、動脈硬化は高血圧のリスク要因でもあり
常にこの3つのトラブルは隣り合わせの状態になっています。

動脈硬化とは、血管が硬く・厚くなってしまい
内部の血液が通る部分が狭くなっている状態です。

血管が硬く・厚くなってしまう原因としては
汚れた・濃度の高い血液が常に流れていることで
負荷を受け続けることによって、”丈夫”になってしまうことが原因です。

「筋トレ」と同じく、負荷がかかればかかるほど
その負荷に負けないように鍛えられていくのです。

あらゆるリスクを招く

血管内が狭くなることによって、血液を流す力がより必要になるため
血圧が上昇してしまうのは、当然のことでもあります。

動脈硬化は、血液の流れが悪くなる症状であり
その結果酸素や栄養素が十分に体中に行き渡らない、という状況を招きます。

そしてその状態が脳で起こってしまった場合に、「脳梗塞」と呼ばれる状態になり
心臓付近で起きてしまった場合には、「心筋梗塞」という状態を招いてしまいます。

これらは、致死率の高い非常に危険な症状です。

また動脈硬化が進行することによって、血管内に「瘤」が出き
それらが更に血流の妨げになり、脳内で破裂することで「脳出血」となり
致死率の高い、また後遺症が残る可能性の高い重い症状を招きます。

糖尿病患者の、そのほとんどが動脈硬化の傾向があると考えられており
高血糖によって招かれた動脈硬化は、
高血糖の状態と、硬化した血管の両方のケアが必要になります。

同時に改善して行かなければならない症状ですが、非常に困難であることが現実なため
やはり”どれにもならない”ことを心がけることが、最も大切になります。